BLOG

スタッフブログ

苫小牧・室蘭・千歳・札幌で新築、
注文住宅を建てるなら大鎮キムラ建設。
マーケの山口です。

この土地にはどれくらいの大きさの建物が建てられる?‐容積率と建ぺい率‐

新築住宅を検討する場合、まず土地を探すことから始まる場合が多いと思います。
土地を選ぶと言われても「この土地にどれくらいの大きさの家が建つのか想像もつかない」という方が多いのではないでしょうか?
今回はそんな疑問の目安になる「建ぺい率」と「容積率」について解説いたします。

目次

 

建ぺい率

建蔽率とは簡単にいうと、「敷地面積(建物を建てる土地の面積)に対する建築面積(建物を真上から見たときの面積)の割合」のことです。
例えば建ぺい率が60%で100㎡の土地に建物を建てる場合、敷地面積は60㎡までにしなければならないということです。
せっかくの土地に無駄なくギリギリまで建物を建てて広々使いたいところですが、そのような家は防災風通しの観点から望ましくないとされていますので、安全に建てられる基準ということで、このような基準が定められています。
ちなみに苫小牧市内ですと建ぺい率60%のところが多く見られるようですが、地域によっても異なりますので、ご注意ください。

容積率

容積率は「敷地面積に対する3次元空間の割合」を算出し、制限するための基準になります。
分かりやすく言うと、土地面積に対する、延床面積のことで、
容積率が200%で100㎡の土地に2階建てを建てる場合は、1階と2階を足した延べ床面積は200㎡以内にしなければならないということです。
容積率は市町村ごとの都市計画で定められており、苫小牧市内ですと200%というところが多いようです。
これは安心感がありますね。
しかし、建物の前面道路の幅によっても左右されるので注意が必要です。

気になる場合は

土地の広さに対して建築物の規模を好きに決めていいかというと、そうではありません。
建ぺい率や容積率は、家の大きさや作りに大きな影響があるため、土地探しの際にはぜひ知っておきたい規定の1つです。
建ぺい率や容積率、それにかかわる「用途地域」の規定は自治体のホームページでも確認することが出来ますので、一度調べてみるとよいでしょう。
もっと詳しく知りたい場合や、自分で探すのが不安な場合は住宅会社や不動産の営業マンの力を借りることもおススメです。
大鎮キムラ建設では土地探しのご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

大鎮キムラ建設は土地情報からプラン提案まで
お客様のご要望を全てお聞きして
最善案を提案させていただきます!

お困りごとは担当者、または弊社へご相談ください♪


大鎮キムラ建設株式会社の詳しい情報や
最新のイベント情報は、
公式SNSアカウントやHPで随時更新していますので、
ぜひチェックしてください。

大鎮キムラ建設からのお知らせ

【無料でシミュレーションします】
その電気高いまま払い続けますか?
初期費用最大189万円サポート。

太陽光設置応援キャンペーン!

仮にご自宅に太陽光発電を設置した際、
どれくらいで電気代が削減できるのか?

いくらくらいの売電収入が期待できるのか?

太陽光発電のメリットは屋根に何枚の太陽光パネルが
設置できるのかによって大きく変わります。

この機会にぜひご応募ください!

▼見学会・イベント情報はこちらから
https://daishinkimura.com/event/

お問い合わせ

  • ご来場予約ご来場予約
  • お家づくり何でもご相談会お家づくり何でもご相談会
  • 資料請求資料請求
  • 0120-971-8730120-971-873
  • ライフサロンライフサロン
  • ソレイユの家ソレイユの家