BLOG

スタッフブログ

苫小牧・室蘭・千歳・札幌で新築、
注文住宅を建てるなら大鎮キムラ建設。
マーケの山口です。

ペットと暮らす家-間取り編-

注文住宅を建てる際 これを機に犬や猫などのペットを飼いたいと思っていらっしゃる方や、今いるペットのために最適なお家を建てたいと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?
今回はそんな方のために、ペットと一緒に住む間取りや生活動線をご紹介していきます。

目次

 

ペットの気持ちになって考える

まずは、ペットの生活動線を考えてみましょう。
お家のワンちゃん、ネコちゃんは、お外から帰ってきたら、何をして、どうやって部屋に入って、どこにくつろぐのでしょうか?
例えばワンちゃんなら、お散歩が日課になりますので、玄関にお散歩セットを置いておければ動線がスムーズです。
ネコちゃんなら、気ままにお部屋を移動したい子が多いので、ネコちゃん専用の出入り口を作って、ドアを開けなくとも移動できるおうちづくりにするのはいかがでしょうか?
このように、ペットの気持ちになって考えると暮らしやすいお家が見えてきます。

ワンちゃんと過ごす家

ワンちゃんと過ごす家ではワンちゃんのスペース人のスペースをどこにするのかをあらかじめ決めておきましょう。
ワンちゃんのスペースはしっかりと落ち着けるように、生活音や来客の気配がなるべく届きにくい場所に設置してあげると、お互いに安心して生活することができます。
反対に、入ってほしくない場所にはあらかじめ仕切り扉を付けておくなど対策をとっておくことで、ワンちゃんは「入れるのに行けない」というストレスを感じなくて済みますし、叱ってしまうことも減るでしょう。

ネコちゃんと過ごす家

ネコちゃんも猫種によりますが、キャットタワー猫用扉を作るのが最近ではとても人気です。
ネコちゃんは、ワンちゃんと比べて家の中で過ごす時間が長いため、ネコちゃんの運動量や縄張り意識、気ままな習性を尊重した空間づくりを意識しましょう。
臆病な猫も多いので、安全に隠れられる場所日当たりが良い専用スペースなどを作ってあげると喜びます。

 

ペットも人も快適に暮らすために

ペットと共同で生活を送るためには、ものの置き場所を最初から決めた間取り計画にしておくと便利です。
例えば買い置きした食品・洗剤やゴミ箱には、ペットが誤って食べてしまうと毒になってしまうものも多いため、置き場所を決めて、入ってこられないようにしておくのがおススメです。
中でも忘れがちなのが、薬やボタン電池、文房具屋工具などのこまごまとしたものは誤飲されやすいため、届かない場所、開けられない場所をあらかじめ考えておきましょう。
造作家具なら、地震が起きても勝手に開かない棚や、鍵のかかる棚などについて相談することができますので、興味がある方はぜひお問い合わせください。

いかがでしたでしょうか?
ペットの習性を理解して家族全員がストレスを感じない空間づくりを進めていきましょう!

大鎮キムラ建設は土地情報からプラン提案まで
お客様のご要望を全てお聞きして
最善案を提案させていただきます!

お困りごとは担当者、または弊社へご相談ください♪


大鎮キムラ建設株式会社の詳しい情報や
最新のイベント情報は、
公式SNSアカウントやHPで随時更新していますので、
ぜひチェックしてください。

大鎮キムラ建設からのお知らせ

【無料でシミュレーションします】
その電気高いまま払い続けますか?
初期費用最大189万円サポート。

太陽光設置応援キャンペーン!

仮にご自宅に太陽光発電を設置した際、
どれくらいで電気代が削減できるのか?

いくらくらいの売電収入が期待できるのか?

太陽光発電のメリットは屋根に何枚の太陽光パネルが
設置できるのかによって大きく変わります。

この機会にぜひご応募ください!

▼見学会・イベント情報はこちらから
https://daishinkimura.com/event/

お問い合わせ

  • ご来場予約ご来場予約
  • お家づくり何でもご相談会お家づくり何でもご相談会
  • 資料請求資料請求
  • 0120-971-8730120-971-873
  • ライフサロンライフサロン
  • ソレイユの家ソレイユの家