BLOG

スタッフブログ

苫小牧・室蘭・千歳・札幌で新築、
注文住宅を建てるなら、大鎮キムラ建設。
マーケティング部の吉野です。

ブログを読んでいただきありがとうございます!

子供が生まれたことが
住宅を新築するきっかけになるというのはよくあります。

夫婦での生活から家族への生活へと変わり、
お子様関連の物が徐々に増えていき住宅が手狭になったり、
子育てのしやすさを求めるため住宅を新築しようと考える方が多いです。

それでは子育てのしやすい住宅にするには
どうしたらよいのでしょうか?

今回は子育てのしやすい間取りについて
詳しくお伝えしていきます。

お子様が幼い時は
ほとんどの時間をリビングで過ごされることと思います。

キッチンで家事をしていても目が届くように、
対面式のキッチンがおすすめです。

また小さなお子様がいるとどうしても
おもちゃなども散らかりがちになってしまいますし、
カラフルなおもちゃなどが多くきちんと片付けていても
どうしてもゴチャゴチャして見えがちです。

そのため扉付の隠す収納なんかをリビング内に設けると
リビングがスッキリとしてよいですね。

加えて、子育て中は家事をする時間も限られるので
洗濯の「洗う→干す→たたむ」の一連の動作も
スムーズに行えるように動線にも気を付けたいものです。

なるべくキッチンから近い位置に
洗面脱衣室を設けることをおすすめします。

そこに下着や寝間着、タオルくらいは
収納できればなお良いですね。

掃除機のためのコンセント位置も大事です。

あまり複数回差換えなくても済むように
住宅計画時に取付位置を設計士さんと相談しましょう。

 

次にお子さんが小学生とします。

とくに低学年の内なんかは、
自分の部屋よりリビングやダイニングで
大人にわからないところを聞きながら、
宿題をするというご家庭が多いのではないでしょうか?

ダイニングテーブルでもデスク代わりにできるかと思いますが、
小さくてもデスクコーナーを設けるのもおすすめです。

勉強に必要な道具や書籍を置いたりしても、
食事の邪魔になりませんし、
何よりダイニングテーブル上がすっきりします。

テーブル上に物がたくさん乗っていると、
せっかく部屋を綺麗にしていても
リビングがごちゃごちゃして見えてしまいます。

お子さんが大きくなってデスクコーナーを使わなくなったら、
ネット環境を整備してパソコンコーナーにしたり、
お母様が化粧をするママコーナーにしたり、
家庭によっていろいろな形に変貌するのでとても便利です。

それからお子様が小さいと、
リビングで子どもが昼寝をしてしまったときに
寝かせる場所に困ったというお母さんも多いのではないでしょうか?

寝室まで抱っこしていくのも大変ですし、
ソファーで寝かせるのも危ないですよね。

そこで、リビングと続けて子どもも大人もいつでも横になれるタタミの部屋をつくると非常に便利です。

タタミは何といっても柔らかく、
横になってくつろぐには最適の空間です。

昼寝以外にも子ども遊んだり、
家族がくつろぐ第二の空間として大活躍してくれるでしょう。

 

いかがでしたか?

以上を、新居を選ぶ際に参考にしていただけたらと思います。

新居を選ぶ際、どうしよう、何に気を付けたらいいのかなとわからないこともたくさんあるかもしれません。

そんな時は、
子供とどのような暮らしをしたいか
想像してみてください。

色々想像を働かせて、
子育てをしやすく、
家族が快適に暮らせる間取りを考えてみてくださいね!

もちろん、大鎮キムラ建設にもご相談くださいね♪

数多くの事例をもとに、ご提案させて頂きます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
本日のブログは吉野がお届けしました!

大鎮キムラ建設からのお知らせ

「美原町」にて
NEWモデルハウスOPEN!

https://daishinkimura.com/event/2859/

1/21()~

今回のお家は…

YUTORIの全てが詰まったお家!

是非ご来場ください!

https://daishinkimura.com/yutori/
https://daishinkimura.com/event/2859/

ご来場は事前予約制とさせていただいております。
是非この機会にご来場お待ちしております!

▼見学会・イベント情報はこちらから
https://daishinkimura.com/event/

CONTACT

  • ご来場予約ご来場予約
  • お家づくり何でもご相談会お家づくり何でもご相談会
  • 資料請求資料請求
  • 0120-971-8730120-971-873
  • ライフサロンライフサロン
  • ソレイユの家ソレイユの家