ちょっと足りない私たちの満足

TARU=足りる(満ち足りる)=「これがいい」豊かさを追求する土間のあるおうち

特徴・性能

四角いのにはわけがある

床面積が同じでも、図の方が外気に触れる面積が30%も多いため、室温が逃げてしまいます。 快適性・耐久性・経済性・スペースの有効活用等シンプルな四角には、数多くのメリットがあります。
「TARU」が四角いのはそういうわけです。

南向き窓で土間があるということ

南窓から入る太陽熱を、土間コンクリートや蓄熱性のある床や壁に蓄えさせる ダイレクトゲイン方式を採用しています。機会装置を頼らずに、建築的手法により太陽光で暖房を行う技術です。昼間蓄えられた熱は、ゆっくりと室内に放出され、夜間の温度低下を抑えます。

年間のCo2排出が実質ゼロ

住宅・建築物におけるCO2の排出量を含む民政部門は、我が国の最終エネルギー消費の3割以上を占めており、省エネルギー対策の強化が今、最も求められています。TARUは国が提唱するネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)であり、年間のCO2排出量がゼロの住宅です。
省エネ住宅を建ててCO2の発生を抑えることは、地域への貢献と、子供達に明るい未来を渡す責任を果たす事に繋がります。

「TARU」は『ZEH』に「足りる」

「節約」や「がまん」で省エネをするのではなく、過度なコスト負担を求めず、「心地よく」住宅も居住者も健やかに暮らすことができます。

お客様の「足る」に合わせて選択できる断熱レベル

快適

ラインナップ

標準仕様

Door

Bathroom

WC/Washroom

Kitchen

資料請求はこちら

  • 来場予約
  • 資料請求
  • スタッフブログ
  • 商品ラインナップ
  • 住まいのライフスタイル[施工事例]
  • お客様の声
  • 大鎮キムラTV
  • ライフサロン苫小牧中央店
  • 苫小牧土地サービス

このページの先頭へ